OUT LINE annex 完全個室/完全予約制

お役立ちコラムCOLUMN

2020.05.25

ダイエット中に食事内容を記録に残すことの重要性を解説

こんにちは!アウトライン川崎店です!

「食事の管理ってメモとかに残さないといけないんですか?」

たくさんのお客様とお話をする中で意外に多い質問の一つです。

今回は「ダイエット中に食事内容を記録に残すことの重要性」についてお伝えしていきます。

ダイエット中に食事内容を記録に残す3つの重要性

ダイエット中は食事の記録は絶対に残した方がいいです!

これまでたくさんのお客様を見てきました。

確かに記録に残さなくてもダイエットを成功させてきた方はいます。

しかし、記録に残した方が確実にダイエット成功に近付きます。

その理由を3つお伝えしていきます。

自分の食べた量を把握し、管理できる

あなたは昨日のお昼ご飯のメニューを覚えていますか?

覚えている、覚えていない、どちらでも大丈夫です!

何が言いたかったかと言いますと…

「人は非常に忘れやすい生き物」ということです。

人は忘れやすいからこそ、覚えておく工夫が必要なのです。

つまりダイエット中、記録に残すことで自分がどれくらいの量を食べたのか?を把握し管理することができます。

そうすることで、食べすぎた日の翌日や翌々日に調整する際に非常に調整しやすくなります!

形に残るのでリバウンド防止になる

アウトラインにいらっしゃるお客様の約15%くらいの方々が以前他のパーソナルジムに通っていたがリバウンドしたという理由でいらしてます。

これは本当にもったいないですよね。。

頑張った時間やかけたお金を無駄に感じてしまってもおかしくありません。

だからこそ、食事を記録に残してほしいのです。

そうすることで、自分がどんな食事をしてダイエットを成功させたのかが一目でわかります。

自分が記録してきた内容の食事を再現すればいいのです!
(もちろんトレーニングの頻度や強度を再現することも非常に重要です!)

だからこそ、リバウンドを防止するためにもぜひ食事は記録しましょう!

どんなものを食べたか振り返ることができる

リバウンド防止の話に繋がりますが、継続することでトレーニングも食事のコントロールも基本的にはどんどん上達していきます。

食事の記録を形に残すことで、以前の食事での体型の変化度から現在の食事での体型の変化を比較することもできます!
(体重や体脂肪などの体組成データも一緒に残しておくとGOODです)

そうすることで、さらに自分の理想の体型を作るために食事内容をアップデートさせることができます。

どこが改善点なのかを知ることができるということですね!

だからこそ、ぜひ食事の記録を残していきましょう!

ダイエット中は食事を記録に残し、自分を律することが大切

確かに食事の記録を残すのは少し面倒だったりするかもしれません。

ですが、そんな小さな積み重ねが目標を達成するための近道だったりもするものです。

だからこそ、ぜひ食事を記録に残し、常に自分を律することがダイエットを成功させるために大切なことなんです^^

食事の組み方やダイエットへの疑問点など、詳しいお話はぜひ店舗へ足を運んで頂き、直接トレーナーにご相談ください^^

パーソナルトレーニングジムOUTLINE(アウトライン)では、お客様としっかり相談させて頂いた上で出来るだけストレスフリーでダイエットするための食事方法をご提案させて頂いております!

お近くでパーソナルトレーニングでボディメイクを行いたい方や、初心者の女性、産後ダイエットで子連れで通いたい、本気で痩せたいと思っているお客様はぜひ一度ご連絡下さいませ。

お客様一人一人に親身になって心の底からサポートすることをスタッフ一同心がけております。

ぜひ、他社には無い最上級の知識とホスピタリティ溢れるサービスをお試しください。

女性トレーナーも在中しておりますので、話しにくいご相談も可能です。

どんなご質問やご相談もお受け致しますので、お待ちしております。

●女性専用で子連れOKのダイエット&ボディメイク専門ジム/OUTLINE(アウトライン)

《一生リバウンドサポート付》

参考:女性専用パーソナルジム OUTLLINEではカウンセリングを受付中です!

COUNSELING無料カウンセリング

ボディディレクターはまず
その人のボディタイプを見極め、
目的に応じた最適なメニューを組み立てています。
無料カウンセリングに何でもご相談ください。

無料カウンセリングを申し込む

CONTACTお問い合わせ

入会・料金ついての不明点やトレーニング方法など
川崎市のOUTLINE annexにお気軽に
お問い合わせください。
モニター募集に関するお問い合わせもこちらから

メールでお問い合わせ
ページトップへ